ここから本文です

法人概要

相模原市社会福祉協議会(市社協)は「地域住民の参加と支えあいによる福祉のまちづくり」を実現するために、住民やボランティア、市民団体の方々など市域の福祉関係者とともに地域福祉活動を中心に様々な活動をする民間の福祉団体です。

会長 戸塚英明

 

会章と会旗

会章

社会福祉及び社協の「社」を図案化し、「手をとりあって、明るいしあわせな社会を建設する姿」を表現したもの。

社会福祉法人全国社会福祉協議会が社会福祉協議会のシンボルマークとして規定したものを本会の会章として採用し制定したものです。

 

会旗

会章に「みんないいひと」を取り合わせ、社会福祉法人相模原市社会福祉協議会と表示するもの。

人口70万都市相模原市社協のシンボルとして、また、市民に広く社協の存在感をアピールするとともに、地域福祉の発展をめざすため制定したものです。

 

設立

昭和27年9月25日 相模原町社会福祉協議会として発足

昭和29年11月20日 市制施行に伴い相模原市社会福祉協議会と改称

昭和43年12月23日 社会福祉法人認可

 

所在地

 

 

事務局 神奈川県相模原市中央区富士見6丁目1番20号 あじさい会館2階・4階
南区事務所 神奈川県相模原市南区相模大野6丁目22番1号 南保健福祉センター1階
緑区事務所 神奈川県相模原市緑区西橋本5丁目3番21号 緑区合同庁舎2階
城山地域事務所 神奈川県相模原市緑区久保沢2丁目26番1号 城山保健福祉センター1階
津久井地域事務所 神奈川県相模原市緑区中野633番地 津久井総合事務所 3階
相模湖地域事務所 神奈川県相模原市緑区与瀬896番地 相模湖総合事務所3階
藤野地域事務所 神奈川県相模原市緑区小渕2000 藤野総合事務所3階

 

 

主な活動

 

《福祉啓発・福祉教育の推進》

市民一人ひとりが福祉に関心を持ち、活動に参加していただくために、啓発や福祉教育に力を注いでいます。

《地域福祉活動の促進》

市民参加による福祉活動は、小地域で取り組まれる方が効果的です。そのため地区社会福祉協議会活動を積極的に支援しています。

《ボランティア育成事業の促進》

福祉のまちづくりの推進役にボランティアは欠くことができません。ボランティアが多いということは、福祉活動が活発であるということです。ボランティアの育成にも力を注いでいます。

《在宅福祉事業の推進》

高齢者や障がい者など全ての人が地域の中であんしんして暮らせるよう、市民の支え合いによる「ふれあいサービス」など様々なサービスを実施しています。

《各種生活支援事業の推進》

低所得世帯や高齢者・障がい者などの生活を支援するために、資金の貸付や福祉サービス利用援助事業等を行っています。

  • 法人概要
  • 財源と予算
  • 決算と事業報告
  • 現況報告(PDFファイル)
  • 組織図
  • あゆみ
  • 議事録
  • 苦情解決制度
  • 次世代育成支援対策推進法関連(PDFファイル)
  • 収益事業の運営
  • 各部署連絡先一覧

お問い合わせはこちら