トップページ > 相模原市社協とは > 収益事業の運営

ここから本文です

収益事業の運営

地域貢献型自動販売機の設置

市社協では、公共施設や民有地に飲料水等の自動販売機を設置しており、収益の一部を地域福祉推進事業に活用しています。
地域貢献・地域福祉の推進につながる自動販売機の設置にご協力いただける場合は、総務課までご連絡ください。

地域貢献型自動販売機の特徴

1.メッセージボードの表示 
地域の身近な生活・福祉情報や相模原市からのお知らせのほか、時事フラッシュニュース、緊急時における災害情報などを表示します。表示は全自動販売機に一斉に行うことはもとより、特定の自動販売機にのみ表示することもできます。

2.災害緊急時には無料提供
緊急災害時には、リモート操作により商品のボタンを押せば無料で取り出すことができます。

市社協マスコットキャラクターにこまるがラッピングされた自動販売機は、「ウェルネスさがみはら」前に設置しています。

にこまる自販機

自動販売機設置による地域貢献をお考えの方に

・市民や企業・団体の皆様の敷地内に自動販売機を設置させていただき、その収益分をご寄付いただき、地域福祉のために活用させていただいています。なお、自動販売機の種類は、ご要望に応じて各種飲料、アイスクリーム、お菓子、証明写真など取りそろえることができますので、お気軽にご相談ください。

・自動販売機の設置にご協力いただきました極一部の方々ですが、実践例として以下の取組みをご紹介させていただきます。

 ・広報紙みんないいひと第195号「相模設備工業株式会社様での取組み」

 ・今月のいいひと 双葉自治会長 戸部 陽一郎(とべ よういちろう)さん(2018年3月)

 

 

お問合せ

総務課 総務係